【中国語の文法】中国語の進行形の形を解説:在+動詞【正在〜呢】

中国語の進行形の文法、「進行形」について解説していきます。

 

先に、今回のテーマの結論をまとめておきます。

  • 進行形の形:正在〜呢
  • 在 + 動詞で進行形になる
  • 在は、場所(存在)を表す役割もあります

それでは、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

【中国語の文法】進行形:正在 〜 呢

進行形の形:正在 〜 呢

正在听音乐

「私は今音楽を聴いています」という進行形の文になります。

 

「正在(zhèngzài)+動詞」、そして文末に「呢(ne)」を付ける事で進行形の文を作る事ができます。

 

「在+動詞」「呢だけ」と、省略が可能

進行形の文では、省略が可能です。

正在听音乐
听音乐。
我听音乐

上の3つは、全て動作の進行を表している文になるので間違いではありません。

基本的に「在+動詞」だけのパターンを見たり聞いたりする機会が多いかもしれません。

 

「在+動詞 〜 呢。」でもOKだよ

 

否定を表す場合は「没有」

「〜していません」という進行を否定する場合は、「在」の前に否定を表す「没(有)」を付けます。その際、「正」と「呢」は外します。

听音乐。

こういったルールがあるので、注意です。

 

【まとめ】進行形の「在」、場所を表す「在」

進行形:在 + 動詞

動詞の前に「在」を付ける事で進行形の文を作る事ができますが、「在+動詞」で今を表しているとは限りません。

 

過去形でも未来形でも同じように「在+動詞」を使って、「昨日○○していた」「明日○○しているだろう」といった時にも使用する事ができます。

 

場所を表す:在 + 場所

「在」は、進行形を表す役割以外に場所を表す事もできます。

 

例えば、こちらの文。

家:私は家にいます

このように「在」の後ろに「場所」を表す単語を置く事で、「○○にいる、ある」という文になります。

 

日本語では「人がいる」と「物がある」で、「いる」と「ある」を使い分けるけど中国語では「在」で一括なのです

 

>> こちらでも「在」について、解説しています

 

まとめ:「在」の役割

  • 在 + 動詞 → 進行を表している
  • 在 + 場所 → 場所(存在)を表す

 

進行形

主語 + + 動詞

 

場所(存在)を表す

主語 + + 場所