中国語のピンイン「n」と「ng」を見極める方法【前鼻音・後鼻音】

中国語で「○○ン」という音を聞いた時にピンインで「n」か「ng」かで迷う事があるかもしれません。

 

その時は、日本語の漢字の音読みで考えると「n」なのか「ng」なのかを区別する事ができるようになります。

 

  • 前鼻音:n
  • 後鼻音:ng
  • 鍵は日本語の漢字、音読みにある?

 

スポンサーリンク

中国語のピンイン|「n」と「ng」を見分ける方法の1つとして「音読み」を攻略する

日本語の音読み・訓読みとは

日本の漢字には「音読み」「訓読み」がありますよね。

 

そもそも「音読み」と「訓読み」の区別がつかないという人に向けて解説しますと、「音読み」は中国から伝わってきた音です。「訓読み」は日本独自で生み出された音となります。

 

だから中国と日本の同じ漢字は、音読みと似たような音が多いんだよ

 

いくつか諸説はあると思いますが、中国から伝わってきた漢字の音(音読み)は日本人にとっては理解が難しく、今の中国でも同じように地域によって伝わってくる発音も異なっていました。

 

そこで日本人にも使いやすいように意味を与えたのが「訓読み」になります。

 

基本的に「音読み」では、意味が伝わりません

音読みと訓読みを簡単に区別する方法の1つとして、音読みだけでは意味が伝わらないというのがあります。

 

よく例として出されるのが「山」です。

  • 「山(やま)」と聞いたら三角の山を想像すると思います。
  • 「山(さん)」だけを聞いたら漢字を見ない限り「山」と認識するのは難しいと思います。

このように単体で音を聞いて理解できるものを「訓読み」、音だけでは理解できないのが「音読み」になります。

 

次に「走」の場合。

  • 「走(はし)る」と聞いたら動作の走るを想像できます
  • 「走(そう)」だけを聞くと漢字を見ない限り理解できません

このように後ろに送り仮名をつけて意味が伝わるのも「訓読み」の特徴です。

 

訓読みのイメージとしては日本語訳に近いです

「山(サン)」ってなに?

あれは「やま」という意味だよ。

 

「走(ソウ)」ってなに?

あれは「はしる」という意味だよ。

 

このように中国から伝わってきた音に対して、日本語訳を付けたのが訓読みという風にイメージすると分かりやすいのかなと思います。

 

ちなみに中国では「走」を「ゾォゥ」と発音するので音読みの「ソウ」に近いのです。ただし「歩く」という意味で日本語とは逆なの

 

ピンイン|音読みが「ン」なら「n」という法則

結論:音読みで「ン」 = ピンインは「n」

ピンインにした場合「n」なのか「ng」なのか迷ったら、その漢字を音読みしてみましょう。

 

音読みをして「ン」が最後に付いたらピンインは「n」です。

 

例①:真

中国では「本当に」というニュアンスの意味を持つ「真」という漢字があります。「真」と書いて「ジェン」という発音します。

 

これをピンインにする場合、最後は「n」なのか「ng」なのか分からない場合は「真」という漢字を音読みで考えてみましょう。

「真」だけで伝わる意味としては「まこと」なので訓読み、すると音読みでは「シン」になります。音読みで「シ」なのでピンインは「n」になります。

 

zhēn

 

例②:上

中国語では「上」と書いて「シャァン」という発音をします。

この場合のピンインは「n」なのか「ng」なのか?

 

「上」は「うえ」と読めば伝わるので訓読み、「ジョウ」と読めばそれだけでは伝わらないので音読みとなります。つまり「ジョウ」は「ン」で終わらないのでピンインは「ng」となります。

 

shàng