中国語で自己紹介の際に使えるフレーズまとめ【発音・カタカナ】

中国語で自己紹介をする際に使えるフレーズを紹介します。

  • こんにちは
  • 私は○○と申します
  • 今年で○○歳です
  • 私は日本人です
  • 私は○○が好きです
  • よろしくお願いします

 

スポンサーリンク

中国語で自己紹介に使えるフレーズ

こんにちは

你好
Ní hǎo
ニィハォ

 

丁寧に言いたい場合

您好
Nín hǎo
ニィnハォ

相手が目上の人や、かたい表現として言いたい場合。

 

不特定多数の人に向かって言う場合

大家好
Dàjiā hǎo
ダジャハオ

沢山の人がいる前などで使えます。

日本語でいうと「皆さんこんにちは」に近いです。

 

私は○○と言います(申します)

我叫+名前
Wǒ jiào + 名前
ウォジィァオ + 名前

基本的に外国語で自己紹介をする場合は、自分の名前をそのまま言えばOKですが、中国語の場合は日本と同じく漢字が使われているので、中国語の漢字の読みに名前が変わります。

 

例えば「田中」の場合、中国では「ティェジョ」ってなるのです

 

名字だけを言う場合

我姓+名前
Wǒ xìng + 名前
ウォシィン + 名前

 

今年で○○歳です

我今年○○岁
Wǒ jīnnián ○○ suì
ウォヂィンニィェン○○スゥィ

 

>> 中国語で数字の数え方・言い方

 

私は日本人です

我是日本人
Wǒ shì rìběn rén
ウォシィリィベrン

 

私は○○が好きです

我喜欢○○
Wǒ xǐhuān ○○
ウォシィフゥァン○○

「喜欢」は、「犬が好き」「ラーメンが好き」といったニュアンスの「好き」になります。

 

ただし注意点として日本語ですと「タピオカが好き」と言えば「飲む」という行為を省略しても「タピオカを飲む事が好き」と捉える事ができますが、中国語ではしっかり「飲む」という動作を入れて言う必要があります。

 

日本語は主語も省略するし不思議な言語だね

 

詳しくはこちらをどうぞ。

>> 「喜欢」を使ったフレーズ

 

よろしくお願いします

请多关照
Qǐng duō guānzhào
チンドゥォグァジャ

 

日本での「よろしくお願いします」というのとは違い、中国語の「请多关照」は、とてもかたい表現となります。基本的に通常の会話で使われる事はなく、ビジネスの場などで見たり聞いたりするくらいです。

 

日本ですと「よろしく!」と気軽に言えるのでジャンルとしては「ありがとう」と同じ部類に入ると思いますが、そんな感じのニュアンスで中国で使うと少しおかしくなります。

 

日本の文化に合わせて中国語を喋るのであれば「请多关照」は覚えておいた方が良いからよく日本の参考書などには出てくるのです

 

中国語で自己紹介に使えるフレーズまとめ

自己紹介に関するフレーズまとめ

  • 你好
  • 我叫+名前
  • 我今年○○岁
  • 我是日本人
  • 我喜欢○○
  • 请多关照