中国語で「〜はどう?」と状態や意見を尋ねる時に使える「怎么样」

「どうですか?」「いかがですか?」といった表現は日常的に使う言葉だと思います。

 

中国語ではこういった表現をしたい場合、「怎么样」を使って表現をする事ができます。

 

怎么样:状態や意見を尋ねる際に使える言葉

 

スポンサーリンク

【中国語】怎么样|〜はいかが?どうですか?

怎么样

怎么样 zěnmeyàng

 

怎么样?:提案や意見を尋ねる時に使える

「いかがですか?」の他に「どうですか?」といった感じのニュアンスも含まれているのがこの「怎么样」です。

 

「いかがですか」「どうですか」と書くと、かたい表現に感じますが日本語でいうと「どう?」に近い表現となります。

 

  • 明日○○に行くのはどうですか?
  • このデザインはどうですか?

このような提案や意見を尋ねる際に日本語でも「〜はどう?」「これどう?」といった言い方をすると思います。

 

物事の状態や意見を尋ねる際に「怎么样」を使うことができます。

 

「いかがですか?どうですか?」で覚えると使える範囲が狭く感じてしまうかもしれないから、状態や意見を尋ねる際の文言と覚えておくと幅広く使えるね

 

語順は日本語と同じように使えます

日本語でも「○○はいかがですか」「○○はどうですか」のように最後に尋ねる言葉として「怎么样」を後ろに置いて使うことができます。

 

  • 这个怎么样?
  • 一起去○○怎么样?
  • 天气怎么样?

「これどうですか?」という意味の「这个怎么样?」、「一緒に○○しに行くのはいかがですか?」という意味の「一起去○○怎么样?」、「天気はどう?」という意味の「天气怎么样?」のように最後に「怎么样」を置いて提案や状態を聞く事ができます。

 

【まとめ】怎么样|〜はいかが?どうですか?

怎么样|状態や意見を尋ねる際に使えます

怎么样 zěnmeyàng

「いかがですか」「どうですか」で覚えても良いのですが、そこまでかたい表現ではなく、「どう?」「どうかな?」といった感じのニュアンスでも使うことができます。

 

怎么样と怎么の違いについて

「怎么样」の似た言葉として「怎么」があります。

 

「怎么」を使うことで「どうやって」「どのように」といった表現をする事ができます。これは英語の「How」に近い表現で方法を尋ねる際に使うことができます。

 

※ 「怎么」については、中国語で5W1Hの解説をした際にこちらで説明しました。

>> 中国語の5W1H