中国語に過去形はなし|「文末の了」と「動詞+了」の違い【完了】

まず最初に中国語には、過去形(時制)というものがないという事を伝えておきます。日本語のように「行く → 行った」、英語のように「go → went」といった変化を漢字でする事はできません。

 

では、どのように過去を表すのかと言いますと「昨天(昨日)」「了」を付けて表しています。今回はそんな「了」について解説していきます。

 

スポンサーリンク

【中国語】変化・発生・完了を意味する「了」について解説します

「了」は、過去形ではありません

「了(le)」自体に過去形を意味する訳ではありません。

 

どういう事かと言いますと、「了」は変化や完了を意味しています。

つまり、結果的に過去のようなニュアンスになるのですが、「了」が付いているからと言って過去形とは限りません。

 

※ 例えば「明日学校が終わったら遊びに行く」と言ったとします。

この場合、話自体は未来の話ですが「学校が終わったら」という学校(授業)が終わるという完了を表していますよね。こういう場合にも「了」が使えるという訳です。

 

了 = 過去形という訳ではないという事だね

 

「了」の位置について

「了」の位置については、大きく分けて2つパターンがあります。

そしてこの2つのパターンが非常に難しいです。

  • 文末に「了」を置く:状態の変化・発生
  • 動詞の後ろに「了」を置く:動作の完了

 

「状態の変化」を表す場合は文末に「了」を置いて、動作の完了を伝える場合には動詞の後ろに「了」を置くというこの使い分けがとても難しいのです。

 

例:私は服を買いました

買うを意味する「买」、服を意味する「衣服」を使って、「服を買った」という文章を作ります。

我买衣服

「我买衣服(私は服を買う)」という文の最後に「了」が入る事で、状態の変化(行われたという事)が加わり「服を買った」という意味になります。

 

では、こちらを見てみましょう。

我买衣服。

こちらは「動詞+了」の形になります。

「买(買う)」という動作が「了(完了)」した意味になります。

 

日本語訳としては「私は服を買った」となるので、上と同じ意味になります。

 

でもこの「了」の位置がちゃんと中国語では、使い分けられているのですよ・・・

 

「了」の位置の使い分けについて

文末に「了」が付く場合と、動詞の後ろに「了」が付く場合の違いでよくある説明をまずは紹介します。

 

目的語が2語以上(何らかの修飾がある)の場合、「了」を動詞の後ろに置いて「動詞+了」を作ります。例えば先ほどの文に「3着服を買った」という意味を付け加えてみます。

我买三件衣服。

この場合は、「了」を動詞の後ろに付けます。

 

中国語を学習する側にとっては、分かりにくい感覚

中国語では、たまにあるのですが「続きがありそう・・・」という文に対して、続きはないという意味を持たせる為に無理やり終わらせるという事があります。

 

例えば、こちらの文。

我买衣服。

後ろは「衣服」のみですが、動詞の後ろに「了」を付けています。

この場合日本語訳としては「服を買った」となりますが、ニュアンスとしては「服を買って〜」という感じになります。

 

服を買ったらさ〜みたいな言い方って日本語でもしますよね

 

つまり、文としてはそこからどうしたのか?に繋がる感覚になります。

そこを文末に「了」を付ける事で、続きはない事を示して「買った」という表現になります。

 

形容詞述語文(主語+形容詞の文)の際に使われる「很」にも似たような働きがあります。

 

「很」は、「とても」という意味があるのですが形容詞述語文である事を意味する為に「很」を使って文を作ります。ただしその際に「很」は「とても」という意味は含まれなくなるという不思議な文章です。

 

>> 詳しくはこちらをどうぞ:「很」を使う形容詞述語文

 

目的語の部分が複数の単語(数量詞などが入る)になる場合は、動詞の後ろに「了」を付ける事で文章が成立します。

我买三件衣服。

 

【まとめ】状態の変化・発生・完了を表す「了」の位置について

「了」の役割・位置について

  • 状態の変化・発生・完了を「了」で表す
  • 「了」 = 過去形ではありません
  • 文末・動詞の後ろに「了」を置くことができます

 

文末に「了」を置く → 状態の変化・発生を表します

「昨日映画を見た」という文章の場合は、昨日発生した事を伝えているので文末に「了」を付ける文章を作る事ができます。

 

その他にも天気などにも使われる事が多いです。

例えば雨が落ちてきた時に「あっ!雨が降ってきた」と日本語で言いますよね。中国語では「下雨了(xià yǔ le)」と言います。

雨が降っていない → 降るという状態が変化したので「了」が付きます。

 

動詞の後ろに「了」を置く → 動作の完了を表し、そこからの詳しい状態を説明

「昨日映画を見た」という文の動詞(見る)の後ろに「了」を付けると、中国語では「看了」となります。

 

この場合、「昨日映画を見たんだけど〜」というニュアンスになります。

つまり、動作が完了したことだけが相手に伝わるので聞いている側は、「見てどうなったの?」という風に頭の中で描きながら聞いている状況になります。

 

完了を表す文としては、不十分ということだね

 

この動作が完了した後の説明として、数量詞などを入れてより詳しく説明したり、その後の動きについて説明をする必要があるという事です。

 

「映画を見た」という文を「看了」を使って表現すると、後ろにその後を説明する必要があるということです。

看了:昨日映画を見た後、仕事場へ向かった

あくまで「動詞+了」は動作の完了を表しているだけというのがポイントです。

 

「我买了三件衣服」の場合は、衣服を3着購入したというより詳しく説明している事になるので、動詞+了が成立するのです