中国語の「得」には、助動詞と補語の役割もあります【ピンインも変わる】

中国語の「得」には、助動詞と補語の役割もあります。

 

  • 助動詞
  • 補語

 

スポンサーリンク

【中国語】「得」の2つの役割

「得」は、役割でピンインが変わる

助動詞 děi
補語 de

 

①:助動詞としての役割

得(děi) + 動詞 : 〜しなくてはならない

「得」を助動詞として使うと「〜しなくてはならない」という文を作る事ができます。「〜しなくてはならない」と訳すとかたい表現になってしまいますが、「〜しないといけない」「〜しなくちゃいけない」といった感じでもOKです。

 

例えば「私は学校に行かなければならない」

去学校。

 

① – 1:「要」との違いについて

同じく「〜しなくてはならない」という意味で使える「要」との違いがこちら。

  • :理由や目的が先に来るイメージ
  • :自分の意思が先にくるイメージ

こういったルールや理由があるから「〜しないといけない」というイメージですと「得」を使い、自分の意思によって「〜しないといけない」というイメージの時は「要」を使います。

 

②:補語としての役割

動詞(形容詞) + 得(de) : 〜するのが〜

動詞の後ろに「得」を置くことで、簡単に言うとその動作について詳しく説明をする働きをしてくれます。

 

例えば「你走(あなたは歩く)」という文に「快(早い)」という単語を入れて「あなたは歩くのが早い」という文章を作ってみます。

你走快。

 

もう1つ見てみましょう。「你说(あなたは話す)」という文に「对(そうです・正しい)」という単語を入れてみます。

你说对。

直訳すると「あなた話す正しい」という感じになりますが、「说と对」を「得」で繋げてあげる事で「あなたの話す事が正しい」、つまり「その通り!」といった言葉になります。

 

何が何なのかを「得」が繋いでいるイメージだね

 

【まとめ】「得」の助動詞・様態補語の役割

  • 助動詞としての「得」
  • 補語としての「得」

 

動詞の前に置いて助動詞としての役割をしたり、動詞(形容詞)の後ろに置いて補語としての役割をするなど、色々と役割が多いのがこの「得」です。

役割によってピンインが変わるので、同じピンインの「的」や似たような意味の「要」などとよく間違えられ、非常に厄介です。

 

補語の「得」とセットで覚えておくと便利なもの

真(zhēn)

「本当に〜」を意味する「真」です。

「〜するのが本当に〇〇だね」といった時に「〜得真○○」と使うことができます。

 

你饱得真快。(彼は走るのが本当に速い)

 

非常(fēicháng)

「とても」を意味する「非常」です。

 

你汉语说得非常好。(彼の中国語はとても良い・うまい)