【漢字】中国語で4桁までの数字の数え方・読み方・書き方【ルール】

中国語で数の数え方から、1000までの数字の数え方を紹介します。

 

基本的に二桁までの数字は日本と考え方が似ているので、違和感なく覚えて言うことができると思いますが、3桁を超えると少しややこしくなります。

 

スポンサーリンク

中国語で数の数え方

中国語で1〜10

0 líng リィn
1
イー
2 èr アーr
liǎng リャァン
3 sān サン
4 スゥ
5 ウー
6 liù リゥ
7 チー
8 パァ
9 jiǔ ジィゥ
10 shí シィー

 

二と兩の違い

とてもややこしいのが「2」です。

中国語では「二」と「兩」を使い分けています。

 

イメージとしては、「2」という概念が独立している場合は「二」を使って、1と1が組み合わさっている「2」という概念には「兩」が使われる事が多いです。なので人や物に対しては「兩」が使われます。

 

例えば注文などで「2つ」という時は「兩」を使うのです

 

中国語の2桁の数字は日本語と作りは似ています

日本語でも「20」は「にじゅう」と言うように、中国語でもそれぞれの数字の言い方を組み合わせて発音します。「20」の場合は中国語では「二十」と書いて「アーrシィー」となります。

 

「99」の場合は日本語で「きゅうじゅうきゅう」と言うようにそのまま漢字で「九十九」と書いて「ジィゥシィージィゥ」となります。

 

二桁で「99」だから「九九」になる訳じゃないのです

 

3桁の数字の場合は「百」が登場します

bǎi バイ

日本語では「百」と書いたら「100」になりますが、中国語ではこの「百」は単位のような扱われ方をします。

 

例えば「100」は中国語で「一百(イーバイ)」となります。

「200」なら「二百」となります。日本語でも「にひゃく」「さんびゃく」と言うので感覚としては同じかなと思います。

 

三桁の数字の時に引っかかるポイント

先ほどの「100」に「1」が加わると「101」になりますよね。

この場合は「一百一(イーバイイー)」で良いのか?というと違います。

 

日本語では「ひゃくいち」と発音して「0」を省略しますが、中国語では「0」も発音する必要があります。つまり、101の場合は「一百零一(イーバイリィnイー)」となります。

 

逆に110の時には「一百一」と言ったりします

 

これまたややこしい話になりますが、「110」の時には「一百一十」とは言わずに「一百一」と十を省略する場合もあります。

日本語では「0」を省略しますが中国語では「10(十)」を省略する事があるというのを頭に入れておく必要があります。

 

日本語脳で聞いていると間違えてしまうので注意です

 

※ ちなみに時間に関しても中国では0を挟んで言います。例えば「10時5分」なら「10時05分」という言い方をします。詳しくはこちらで書きました。

>> 中国語で時間の言い方

 

更にもう1つ、3桁から新たなルールが加わるのですがそちらの説明は下の4桁の説明の時にします。

 

4桁の数字は「千」を使います

qiān チィェン

 

「百」の時と同じように「千」という単位を付けてあげます。

「1000」なら「一千(イーチィェン)」となります。

 

先ほどの3桁の時は「一百一」と言うと「110」でした。

では4桁で「一千一」と言うとどうなるのか?

 

答えは「1100」です。

今度は「十」だけではなく「百」も省略されてしまいました。

 

3桁を超えると10は「十」ではなく「一十」となります

これが先ほど3桁の際に説明できなかった新たなルールです。

2桁までは10を「十」と表現する事ができますが、3桁になると「一十」となります。頭が混乱しそうですよね。

 

例えば、「1010」であれば「一千零一十」となります。

「1012」であれば「一千零一十二」となります。

 

「1001」であれば「一千零一」でOKです。

 

0が2個並んでいても数字と数字の間の0は零と1回言うだけでいいのです

 

中国語の数字の数え方のルールをまとめます

2桁までの数字

0 líng リィn
1
イー
2 èr アーr
liǎng リャァン
3 sān サン
4 スゥ
5 ウー
6 liù リゥ
7 チー
8 パァ
9 jiǔ ジィゥ
10 shí シィー

 

これらの数字を組み合わせるだけです。

2桁の場合は日本語で「31(さんじゅういち)」と発音通りに、中国語でも数字を並べて中国語で発音するだけでOKです。

 

2桁までは数字の考え方が日本と同じですね

 

3桁・4桁の場合は、ルールが変わります

  • 3桁は「百」、4桁は「千」を使う
  • 100なら「一百」のように単位として扱う
  • 3桁を超えると「十」ではなく「一十」
  • 途中の0は省略せず「零」
  • ただし0が2個あっても「零」は1個でOK
  • 2千の場合は「二」ではなく「兩」が一般的

3桁を超えた途端に突然こんなにルールが増えます。

 

最初は混乱しますが慣れてくると段々スムーズになってきます。

特に3桁を超えたら「10」は「一十」になる、0は途中にいくつあっても「零」で良いと頭に入れておけば、何回か繰り返しているうちに慣れてくるのかなと思います。